sumile TOKYO

CLOSE

イベント・取組み

とっとり健康省エネ住宅『NE-ST』

ウエノです。

長い梅雨ですね。。梅雨が明けるといよいよ夏本番。。

エアコンのクリーニングをされる方が増えてくる時期です。。

夏前に冷房効率をよくするためにも清掃をされることをお勧めします。

 

さてウエノイエの5つのお約束に『四季を通して性能をデザインする』という項目があります。

 

夏の暑い日差しを遮り、冬の暖かい陽を取り込むなど、パッシブデザインの技術を

活かした「低燃費な家づくり」を基本に温熱環境の提案を行っています。

数値が良いから家の性能が良いということに決して踊らされず、もっと五感で感じ得れる快適さが

ウエノイエが目指す快適さです。性能性能だけでなく、豊かなくらしにつながる別の方法を是非体感してもらいたいです。。

陰と陽、光と風、水、樹 当たり前のようにお客様との会話で出てくるキーワードです。

この領域を日々考えながらプランニングに没頭する毎日です。これからも追及していきたいです。。

 

もちろん性能をおろそかにするわけには行きませんので数値という国が推奨するレベルは最低限必要な性能だと思います。

鳥取県が推奨する健康省エネ住宅「NE-ST」。他県からですが、早速鳥取県のWEBをご覧になられて来社された方もいらっしゃいました。

 

<単語(NEST)の意味>

 居心地がよく、安心できる場所。巣箱。

<ネーミングの意図>

 鳥取の新しい住まいのスタンダード(Next-Standard)の英単語を引用。

 

 

性能だけではないのですが、快適な家ってどんな家なのか。ブレずに自らの回答を持ち続けていきたいと思います。。

 

さてさて今回は「四季を通して性能をデザインする」のそのコアとなる技術として、昨年より新しく導入した全館空調システムをご紹介します。

24時間 全館冷暖房で快適な住まいを。その名も、「パッシブエアコン」です。

 

四季に応じた快適な室内環境をつくることも、ウエノイエが大切にしている、デザインの一つです。

全館空調床下冷暖房といわれるようなシステムは、家の性能のこと以外に空調の仕組みから原理などもしらないといけません。

長年、温熱環境の改善に取り組んできた中の一つ、全館空調ですが、こちらのシステムかなり快適です◎

普段からあまり全館空調についてはこういうのもありますよというぐらいの説明ですが、エアコンは夏と冬に実力を発揮します。

真夏は全館冷房を体感するチャンスなのでご興味のある方はぜひエスコートホームを利用して体感してみてください。