sumile TOKYO

CLOSE

家づくり日記

2017.8.09  
スタディ模型

代表のウエノです。

先日の台風。このあたりはあまり被害が出ていないようで安心しました。台風が来る前と後に上棟、地鎮祭があり、無事行われたことに安堵しています。

さてウエノイエとの出会いから、ご用命を受け、最初にご提案することをコンセプトプレゼンといいます。

略してコンプレ。

手書きのプラン、スケッチ、予算計画書などをご準備してプレゼンテーションを行います。

流れとしては、敷地を拝見して、当社指定のライフスタイルヒアリングシートにご希望など記入いただき、内容をヒアリングした後、2~3週間程度お時間を頂戴してご提案しています。

ウエノイエでは、敷地を読むことから初めて、居心地の良い空間を作り上げていきますが、そのの過程で何度か検討しながら進めることがあります。それは屋根の形状です。

それらを検証するには建築模型を作成していきます。

建築模型は、発泡スチロールを紙で挟んだ、スチレンボードというものを切って、組み立てて作ります。

最終段階では、外部の植栽やデッキ、内部の造作ソファや造作家具、キッチンなども模型に組み込むので半日以上時間を要しますが、建物のボリュームや屋根形状だけの検証だとスタディ模型として外観だけ作成します。これだと1時間もかからずに作成できます。

IMG_2578

こちらの模型は、かなり前ですが、検証用に作成したものです。屋根はただのクラフト紙です。

IMG_2582

光の入り方とか、隣地からの見え方。室内から望むソラの見え方など検証し、スタッフと協議をし、微調整しながら確定していきます。

そしてこちらは、本日、夏季休業前になんとか間に合ったコンプレ時の模型。。

平屋です。

敷地を読み、生活動線とソトとのつながりをシンプルに表現しました!

こちらも完成が楽しみすぎるイエです。

IMG_4174

これで無事に夏休みを迎えられます(^^)