sumile TOKYO

CLOSE

家づくり日記

IMG_1824
2016.6.08  
moiss

代表のウエノです。

現在進行中の日吉津の平屋。

屋根葺きを終え、サッシを取り付け終えたところです。

 

IMG_1821 IMG_1820

 

IMG_1811  IMG_1828

屋根の納まりがきれいでカッコイイプロポーションです。

 

現在は構造部分である耐力面材の取り付け中です。

 

IMG_1824  IMG_1822

ウエノイエでは耐力面材にmoissを使用しています。

他にも色々な耐力面材がありますが、もともと壁内結露のリスクを考慮したい考えがあり、透湿抵抗が高い面材の使用を拒んできましたが地震のことなどを考え、選択肢の一つとして耐力面材の導入を検討してきました。

このMoissは、呼吸をしてくれる下地材です。面でもたせることで力が分散するため、より強い構造になります。

無機素材でできているため火にも強いです。『モイス』は、古来からの天然の素材「土壁・木」の自然力を手本として開発された新しい建築資材です。モイスはオールドセラミッククスの基材に天然の鉱物(バーミキュライト)を加え構成されています。

モイスは、セラミックでありながら木材のように粘り強く、湿度の調整や消臭効果にすぐれた土壁の機能を併せ持った建材です。

調湿性、保温性を備え、燃えない、腐らない、白アリの蝕害を受けない、 さらに揮発性有機化合物 (VOC) を吸着・分解する機能を有し、切れ端は冷蔵庫等の脱臭剤と成り、そして土に戻すと土壌改良剤としての役割も担います。

非常に重たい素材なので大工さんも施工が大変そうですが、効率の良い施工方法などを一緒に考えながら進めています。

IMG_1812 IMG_1827

内部では施主様と子供部屋、リビングダイニングなどのカウンター高さなどを確認しながら進めています!