sumile TOKYO

CLOSE

家づくり日記

image
2016.8.22  
敷地を一緒に読む

代表のウエノです。

 

しかし、毎日毎日。暑い!

事務所の中は、毎日サウナ状態です。

 

さて私の担当の一つである敷地を調査、間取りを作成もあちこち進めています。

 

先日、土地探しからご相談いただいたお客様に土地をご提案した様子をご紹介します。

ご提案する土地は、各不動産からいただいた情報を当社で厳選して、

複数個からなる分譲地に絞って10件程度、1件1件解説しながら2時間弱の視察です。

 

土地は不動産からもらう資料を読み取ることも重要で、もちろん足を運んでみることも重要ですが。。

オススメは、私たちが同行してその場で敷地を読み、それをお客様に説明することです。

写真は米子市陰田の土地。

image image

隣地の将来起こるであろう環境の変化、視線など考慮すべき事、またその土地の持つ魅力などを読み取り、駐車、間取りなどをざっくりとゾーニングしていきます。

image

陰田の約60坪の土地  敷地を読んだ際のメモです。こちらの敷地は北側が道路接道面です。

実際には、当社からお渡しするヒアリングシートに記入してもらった設計要望をもとに間取りは作成していきますので

内容が変わることももちろんありますが、土地の魅力を最大限活かすことを重要視しているため、

屋根のかけ方や窓を設ける位置などはこの時点で大体決まります。(ウエノイエ設計セミナーで説明しています)

 

土地を決める前にどのような家が建てられるかを知ると、ある程度安心でき、夢も膨らみ大変喜んでいただけると思います。

狭くて変形な敷地、東西進入路で南側に二階建てが建っていて日当たりが悪い50-60坪程度の土地。よく見かけませんか?

 

私たちが読むことで可能性が広がると思います。

 

最終的には、敷地調査で見つけた気持ちの良い土地の特徴を最大限生かしてプラン作成が進んでいきます。
※本格的な間取り作成(コンセプトプレゼン)は、2週間程度お時間頂きます。。

 

土地選びでどうしようかなーと迷い中の方は一度土地を拝見させてください。

ウエノイエは、期待を超えるご提案をさせてもらいます。