sumile TOKYO

CLOSE

家づくり日記

2018.4.09  
股旅社中 関東支部ツアー @川崎

プランナーのウエノです。

新年度がスタートしましたね。

気持ち新たに、ウエノイエを頼りにしていただくお客様のために、家を守り続けていくこと。そのために無理をせず、背伸びもせず、コツコツと豊かなくらしをつくることを大切に、楽しみながら、一件一件に向き合いたいと思います。

さて前回のblog股旅社中の関東支部ツアー続き。。

初日は、東京の創建舎さんでしたが、

2日目は、川崎市の丸晴工務店さん。

丸晴工務店さんの歴史や取組を紹介いただき、加工場や大工さんが住込みできる環境などを拝見させていただきました。また住まいされているお宅も訪問させていただき、大工の手仕事を活かした設計事例を勉強させていただきました。

丸晴工務店さんは、昔ながらの伝統を守り続けている貴重な工務店さんです。時代と共に失いつつある日本の大工技術を大工さんであり、現在の社長が、後世に伝えていくお話は興味深く、とても勉強になりました。

大工の技術と現代の家づくりへの新たな取り組みも興味深くまた伺いたいと思います。貴重なお時間をありがとうございました!

そんなこんなで2日間のツアーは終了。

帰りの飛行機便まで少し時間があるので、岡山のさほらぼさんの社長を無理矢理!?ご一緒していただき^_^。。中々タイミングが合わず見送り続けてましたが、ようやく。。成城にある猪股住宅を見に行ってきました。吉田五十八設計。

日本建築の醍醐味と吉田五十八氏の洗練されたディテールが融合され、抜け目のない空間に溜め息ばかりの時間でした。。あいにくの天気なのが残念でしたが、五感を研ぎ澄ませて体感してきました!

線を隠す術をまた一つ体感でき、建築の奥深さを痛感した建もの探訪でした。